アルストムグリッド

東芝は、フランスのアルストムグリッドと、スマートグリッド分野での事業領域拡大を目的に、相互補完的な協力関係を構築することで合意したと発表した。

今後、両社はスマートグリッドに関する個別案件ごとに協業の可能性を模索していくとともに、機器インターフェースなどの共同開発の可能性などでも検討する。

東芝は、スマートグリッド分野では電力系統システムに加え、スマートメーターや蓄電池など、需要家を取り巻く配電領域にも進出している。一方のアルストムグリッドは送電領域をはじめとする電力系統システムをグローバルに展開し、EMS(エネルギー・マネジメント・システム)などの電力系統の高品質な電力供給を監視・制御する上位階層システムに強みを持つ。

両社はそれぞれの強みを補完し合うことで、一貫したソリューションを提供するビジネスモデルを構築、地域エネルギーマネジメントの実現を目指す。

アルストムグリッドは、アルストムグループで送電部門を担当する事業会社。遮断器、断路器、ガス絶縁型開閉装置、直流送電装置などの製品に加え、EMSのソフトウェア・ソリューションも提供している。

東芝は今後、アルストムグリッドとの連携を図ることで、安定的な再生可能エネルギー導入と電力コスト低減を推進していく。スマートグリッド事業をグローバルに展開することで、スマートグリッドを含むスマートコミュニティ事業全体で2015年度売上高9000億円を目指す。

東芝