ブリヂストン ECOPIA EP150

ブリヂストンは、日産自動車が8月28日に発表した新型『ノート』に新車装着用タイヤとして「ECOPIA EP150」が採用されたと発表した。

ECOPIAは、ブリヂストンの低燃費タイヤブランドで、安全性能や操縦性能などのタイヤに求められる性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を実現している。

同ブランドは、1991年の電気自動車用タイヤの開発をきっかけに、現在ではさまざまな車種に向けたラインアップを取り揃えている。ノートに採用されたタイヤサイズは、185/70R14 88Sおよび185/65R15 88H。

ノートは、キビキビとした走りと環境性能を両立したコンパクトカー。25.2km/リットル(JC08モード)というガソリン登録車クラスナンバー1の低燃費実現にECOPIAの装着が貢献している。

日産・ノート