眼の検査を行う星出(左)、ウィリアムズ(右)両宇宙飛行士(c)JAXA/NASA

米国航空宇宙局(NASA)および宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、星出彰彦宇宙飛行士とサニータ・ウィリアムズ宇宙飛行士(NASA)による2回目の国際宇宙ステーション(ISS)での船外活動を日本時間の5日午後8時15分から行うと発表した。

両宇宙飛行士は、8月30日に1回目の船外活動を実施。故障した電力切替装置(MBSU)の交換が取り付けボルトのトラブルにより、一部未了となっている。

今回、未了となっているMBSUの交換のほか、ISSのロボットアーム・ステーション共通カメラ/照明装置の交換、与圧結合アダプタ2へのカバー取り付けなどを行う。

作業時間は約6時間半の予定。

交換対象のMBSU