優勝したマクラーレンのジェンソン・バトン(2012年ベルギーGP)

ベルギーGPはスタート直後の1コーナーで発生した多重クラッシュで、タイトルレースのトップ2、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(マクラーレン)がリタイアに追い込まれた。大波乱のレースを制したのは、マクラーレンのジェンソン・バトンだった。

セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2位でフィニッシュした結果、アロンソのタイトルリードは24ポイントに縮小した。3位はロータスのキミ・ライコネンが死守している。

クラッシュはロマン・グロージャン(ロータス)が1コーナーのラソース手前でハミルトンのマクラーレンを幅寄せし、接触。まずこの2台が激しくクラッシュし、続いて前方の集団に激しく突っ込んだ。アロンソとセルジオ・ペレス(ザウバー)もその場でリタイアし、さらにフロントローから出遅れていた小林可夢偉もマシンに大きなダメージを受けて優勝戦線からは完全に脱落してしまう。

バトンは序盤から集団を引き離しにかかり、1ストップストラテジーも見事に的中させ、開幕戦オーストラリアGPから久しぶりの優勝へとつなげた。優勝したバトン以外は、抜きつ抜かれつの激しいバトルが随所で展開されたベルギーGPだった。

1: バトン(マクラーレン) 1:29'08.530
2: ベッテル(レッドブル) +13.624
3: ライコネン(ロータス) +25.334
4: ヒュルケンベルク(フォースインディア) +27.843
5: マッサ(フェラーリ) +29.845
6: ウェーバー(レッドブル) +31.244
7: シューマッハ(メルセデスAMG) +53.374
8: ベルニュ(トーロロッソ) +58.865
9: リチャルド(トーロロッソ) +1'02.982
10: ディレスタ(フォースインディア) +1'03.783

11: ロズベルグ(メルセデスAMG) +1'05.111
12: セナ(ウィリアムズ) +1'1.529
13: 小林(ザウバー) +1'56.119
14: ペトロフ(ケータハム) +1lap
15: グロック(マルシャ) +1lap
16: ピック(マルシャ) +1lap
17: コバライネン(ケータハム) +1lap
18: デラロサ(HRT) +1lap
19: カーティケヤン(HRT) 30
20: マルドナド(ウィリアムズ) 5
21: ペレス(ザウバー) 1
22: アロンソ(フェラーリ) 1
23: ハミルトン(マクラーレン) 1
24: グロージャン(ロータス) 1

Fastest lap: セナ, 1'52.822

優勝したマクラーレンのジェンソン・バトン(2012年ベルギーGP) 優勝したマクラーレンのジェンソン・バトン(2012年ベルギーGP) 優勝したマクラーレンのジェンソン・バトン(2012年ベルギーGP) 優勝したマクラーレンのジェンソン・バトン(2012年ベルギーGP) 優勝したマクラーレンのジェンソン・バトン(2012年ベルギーGP)