フィジーに設置された太陽電池モジュール

京セラは、フィジーの無電化地域約2000世帯を対象に、太陽電池モジュールを合計405kW供給すると発表した。

太陽電池モジュール135kWはすでに納入済みで、残りの270kWについては、8月より供給を開始し、今年度中に供給を完了する。なお、これらは、フィジー政府資金および日本の政府開発援助(ODA)による案件となる。

大小数百もの島々からなるフィジーでは、送電網が整備されていない無電化地域があり、独立電源として機能する太陽電池は、環境保全と経済発展が両立できる電力源としての期待が寄せられている。

京セラでは、日中に発電した電気を蓄電池に充電し、夜間に各住居の照明などに使用できることから、夜間の勉学なども可能となり、生活の向上に貢献できるとしている。

フィジーに設置された太陽電池モジュール