テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》

米国のEVメーカー、テスラモーターズが6月22日より本国で納車を開始した『モデル S』。テスラモーターズ初の高級セダンEVとなる同車のコンポーネントが公開された。

モデル Sは、エンジンやトランスミッショントンネルが不要なため、車体前方の積荷スペース追加や、広いキャビンスペース、そして航続距離483kmを実現している。

また、重量のあるバッテリーを床下に取り付けることで、優れたハンドリングを可能にする重量配分を得たほか、バッテリーユニットとの組み合わせにより強いねじれ剛性を備え、特に側面衝突に対して高い安全性を確保しているという。

さらに、安定性とエネルギー効率を向上するために、加速するに従い車高調整を行うエアサスペンションがオプションで用意される。各リアホイールは個別に複数のガイドリンクがサスを支えるリアマルチリンクサスペンションとなる。ホイールは19インチと21インチを用意し、ブレーキシステムはテスラが設計しブレンボが開発したメインブレーキとセカンダリパーキングブレーキで構成される。

車体フロント部には、ステアリングラック、フロントアンチロールバー、サスペンションエアポンプ、ブレーキシステム用真空ポンプ、ABSブレーキとトラクションコントロール用ユニット、そして冷却システム用コンプレッサーが組み込まれている。

4.4秒で時速97kmに到達する加速性能を持ち、最高速は208km/h。トラクションコントロール、スタビリティコントロールも標準装備となる。

EVとしてゼロから設計され、バッテリーを中心にデザインはスタート。平面配置されたバッテリーユニットが車底の空気の流れを促進し、アルミニウム製のユニボディは大人5人と過去最大の積載スペースを用意する。

バッテリーは40kWh、60kWh、85kWhの3種類を用意し、120vと240vのコンセントに対応する。通常充電で4〜5時間、テスラ スーパーチャージャー(480v)を使用すると30分で容量の50%が充電できるという。

このスーパーチャージャーの詳細に関しては近いうちに公開されるという。また、独自形式である充電方式に関しては、CHAdeMO方式など各地域の方式に合わせたアダプタで対応していきたいとした。

テスラ・モデル S テスラ・モデル S テスラ・モデル S テスラ・モデル S テスラ・モデル S テスラ・モデル S テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラ・モデル S コンポーネント《撮影 太宰吉崇》 テスラモーターズ バッテリー技術部門 ディレクター カート・ケルティー氏《撮影 太宰吉崇》