響灘ソーラーウェイの建設予定地

日本アジアグループは、福岡県北九州市若松区響灘において太陽光発電所「響灘ソーラーウェイ」を開発すると発表した。

響灘ソーラーウェイは、一般家庭の約600世帯に相当する出力2MWのメガソーラー。地元企業である安川電機をEPC事業者とした地域密着型太陽光発電所プロジェクトで、総事業費は約6億円を予定している。着工は2012年11月、完成は2013年2月の予定。

同発電所は、北九州市が進める環境・エネルギーに関する設備投資に対する融資、「北九州市環境産業融資(リーディングプロジェクト支援金)」を利用する予定で、認定されれば同融資制度の第1号案件となる。

日本アジアグループが開発した館林ソーラパーク(参考画像)