オペル アストラ OPC《撮影 三浦和也》

GMの欧州部門のオペルは8月29日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー12において、『アストラセダン』をワールドプレミア。これに合わせて、『アストラシリーズ』の改良モデルも初公開されている。

アストラセダンとともに、モスクワモーターショー12のオペルブースを飾ったのは、アストラシリーズの主力に位置付けられるハッチバックモデル。欧州では、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やプジョー『308』、ルノー『メガーヌ』などと競合する。

アストラシリーズの改良の内容は、フェイスリフトを含めた内外装のリファインが中心。エクステリアは新デザインのグリルやバンパーを得て、新鮮な雰囲気を演出している。

またオペルのブースには、『アストラOPC』も展示。同車はアストラの高性能バージョンで、OPCとはオペル・パフォーマンス・センターの略だ。

アストラOPCは、アストラの32年の歴史において、最もパワフルな市販モデル。専用チューンが施された直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力280ps、最大トルク40.8kgmを発生する。

0-96km/h加速は5.9秒、最高速は250km/hの実力。足回りは、ドイツ・ニュルブルクリンクで走行テストを繰り返して開発。スポーツサスペンションや、ブレンボ製ブレーキが装備されている。

オペル アストラ OPC(モスクワモーターショー12) オペル アストラ OPC(モスクワモーターショー12) オペル アストラ OPC(モスクワモーターショー12) オペル アストラ OPC(モスクワモーターショー12) オペル アストラ OPC(モスクワモーターショー12) オペル アストラ OPC(モスクワモーターショー12) オペル アストラ OPC(モスクワモーターショー12) オペル アストラセダン(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 オペル アストラセダン(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 オペル アストラ OPC《撮影 三浦和也》 オペルブース《撮影 三浦和也》