BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》

モスクワモーターショー12のプレスデー初日、19時近くのBMWブースでは夜のVIP向けパーティの準備のために関係者の出入りを制限していた。そんな中、メインステージには昼間の『7シリーズ』に置き換わり、メタリックレッドのクーペボディが存在感を放っていた。

このモデルは『ザガート クーペ』。BMW『Z4』をベース車両に、イタリアのカロッツェリア、ザガートがオープンボディのZ4をクローズドクーペ化、さらにザガートのアイデンティティである「ダブルバブルルーフ」やZ4に対してグラマラスに拡幅されたリアフェンダー、ヘッドライトや小型化されたグリルが追加されるなど、ザガートの美意識がふんだんに織り込まれた美しいクーペである。

ザガートは1919年、イタリア・ミラノに設立。航空機の機体開発から得た軽量設計ノウハウを生かし、1929年にアルファロメオ『6C 1750GS』、1932年にアルファロメオ『8C 2300』など、数多くの名車を世に送り出してきた。アストンマーチンやマセラティとのコラボレーションでも有名だ。

「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2012」というBMWが協力しているクラシックカーのイベントが、今年の5月にイタリアで行われた際、BMWからコンセプトカーとして公開され好評を博していた。

また、8月に米国カリフォルニア州で行われた「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」には、ソフトトップののロードスター版が登場して話題になったばかり。BMWは市販化の計画についてはまったくコメントしていないが、ここモスクワでも市場性をリサーチするために、ディーラー関係者などのVIPパーティへの登場に相成ったに違いない。

記者が写真をとっていると、にわかにクロスを持ったスタッフが現れて『ザガート
クーペ』が覆い隠された。昨晩、再びお披露目された瞬間のロシア人VIPたちの反応はどうだったのだろうか。

BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》 BMW・ザガート クーペ《撮影 三浦和也》