新工場起工式に出席したフォードモーターのアラン・ムラリー社長兼CEO

米国の自動車大手、フォードモーターは8月29日、中国浙江省の杭州市において、新工場の起工式を行った。

この新工場はフォードモーターと、中国合弁会社の長安フォードマツダが7億6000万ドル(約600億円)を投資して建設するもの。2015年に稼働し、年間25万台を生産する予定だ。

新工場が操業を開始する2015年、フォードモーターの中国における年産台数は、120万台に到達する見込み。これは、現在の60万台の2倍にあたる数字である。

同社は中期的に、世界新車販売を現行比で50%引き上げ、年間800万台レベルへ拡大する計画。この計画の実現に、中国新工場が果たす役割は大きい。

新工場の起工式には、フォードモーターのアラン・ムラリー社長兼CEOが出席。「この杭州市において、我々は未来の成長の礎を築く」とコメントしている。