東京発電は、神奈川県箱根町で、設備の老朽化などから1984年に廃止した発電所の再開発計画を決定した。

再開発する須雲川発電所は、1954年に神奈川県箱根町の旅館が建設し、出力120kWの自家用発電所として運転した後、1984年に廃止された。同発電所は、廃止後、箱根町に設備譲渡され、水槽設備の一部は箱根町への水道水供給に利用されていたが、他の設備は未利用のままとなっている。水路・水圧鉄管など、健全な既設設備を最大限活用し、自然環境に配慮した発電所として再開発する。

同社では、再開発を検討するのに当たって、昨年から箱根町、地権者、漁協組合、関係官庁などの関係者間で協議を進めてきた。今回、再開発の見通しが立ったことから、2013年4月の運転開始を目指した再開発計画を決定、今年10月に着工する。

再開発後の最大出力は190kWで、年間に一般家庭約250戸分の年鑑電力使用量に相当する約110万kWhを発電する計画だ。

同社では、再生可能エネルギーを有効活用するため、これまでも廃止発電所の再開発、上下水道を利用したマイクロ水力発電所の開発に取り組んできた。今年7月から再生可能エネルギーの固定価格買取制度が施行されるなど、更に小水力発電への期待が高まってきているため、今後も積極的に水力発電所の開発を推進する。