ラーダ・X RAYコンセプト(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》

ロシア自動車最大手、アフトワズ(AvtoVAZ)社は8月29日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー12に、コンセプトカーのラーダ『X RAY』(エックス・レイ)を出品した。

「ラーダ」(LADA)は、アフトワズ社の乗用車ブランド。X RAYは、ラーダブランドのクロスオーバーを示唆したコンセプトカーである。

X RAY は、2ドアクーペのボディを備えたスポーティなクロスオーバーコンセプト。そのフォルムは、元メルセデスベンツやボルボカーズのデザイナー、スティーブ・マーティン氏が担当した。躍動感と力強さを併せ持ったデザインだ。

特徴的なのが、フロントマスク。車名と同じ「X」の文字が、表現されているのが見て取れる。インテリアも従来のラーダブランドにはない斬新さ。若々しい雰囲気を放つ。

現時点では、X RAYの市販化計画は未公表。将来発売されるラーダブランド車に、このデザインが反映される可能性はある。

ラーダ・X RAYコンセプト(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 ラーダ・X RAYコンセプト(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 ラーダ・X RAYコンセプト(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 ラーダ・X RAYコンセプト(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 ラーダ・X RAYコンセプト ラーダ・X RAYコンセプト ラーダ・X RAYコンセプト ラーダ・X RAYコンセプト ラーダ・X RAYコンセプト ラーダ・X RAYコンセプト ラーダ・X RAYコンセプト