ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》

8月25日・26日の2日間、静岡県浜松市で開催されたイベント「バイクのふるさと浜松2012」で、地元のバイク愛好家が所有するメグロ、ライラック、ブリヂストンなど、昭和30年代まで存在した国内2輪メーカーのバイクが計10台展示された。

ブリヂストンの『ハリケーン』(1967)は、125ccの2ストローク・2気筒エンジンを搭載し、アップタイプマフラーを備えた輸出向けスクランブラーモデル。

国内ではブリヂストン180の名で販売された。同社は1952年から70年までオートバイを生産したが、国内での販売は67年に終了した。

ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》 ブリヂストン ハリケーン(1967)《撮影 丹羽圭》