アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》

アウディは8月29日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー12において、大幅改良を施した『R8』を初公開した。

R8は2006年、アウディのスーパーカーとして誕生。今回の改良は、デビュー以来、初となる大がかりな内容だ。外観を中心に、R8がリファインを受けている。

ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類。クーペのエンジンは、4.2リットルV8と5.2リットルV10の2ユニットだ。スパイダーは、5.2リットルV10のみとなる。

新しいR8で目を引くのは、表情だ。フロントには、新デザインのバンパーやLEDヘッドライトを採用。リアに回ると、LEDテールライトや新デザインのディフューザーが新鮮さを醸し出す。内装の変更点は、トリムの改良など最小限にとどめた。

ミッドシップに搭載される直噴ガソリン自然吸気エンジンは、従来通り。クーペ専用の4.2リットルV8は、最大出力430ps、最大トルク43.8kgmを発生。クーペとスパイダーの5.2リットルV10は、最大出力525ps、最大トルク54kgmを引き出す。駆動方式は、フルタイム4WDのクワトロだ。

トランスミッションは、従来の6速「Rトロニック」を、7速デュアルクラッチの「Sトロニック」に変更。これにより、CO2排出量を最大で22g/km削減。0‐100km/h加速も0.03秒短縮するなど、確実な進化を遂げている。

アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10) アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10) アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10) アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10) アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 アウディ・R8(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》