板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》

8月25日・26日の2日間、静岡県浜松市で開催されたイベント「バイクのふるさと浜松2012」において、地元のバイク愛好家が所有するメグロ、ライラック、ブリヂストンなど、昭和30年代まで存在した国内2輪メーカーのバイクが計10台展示された。

板垣三輝工業の『クインサンライト』(1960)は、125ccのスクーター。女性ユーザーを意識して乗り降りのしやすい車体設計とし、チェーンもフルカバーされている。

今のスクーターとは異なり、ほとんどのパーツが金属製。同社はその後、ラビットスクーターを生産していた富士重工業に吸収合併された。

板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》 板垣三輝工業 クインサンライト(1960)《撮影 丹羽圭》