ロゴマーク

JX日鉱日石エネルギーは8月29日、ベトナムに潤滑油製造販売会社を設立すると発表した。

ベトナムは、2011年の二輪車販売台数が330万台に達し、中国、インド、インドネシアに次ぐ世界第4位の二輪車市場となっている。約9000万人の人口を抱え、今後も約7%の高い経済成長を背景に、二輪車並びに四輪車の普及に伴う潤滑油需要の堅調な増加が見込まれている。

同社は、1996年にベトナムでの潤滑油事業を開始し、2010年にはホーチミンに駐在員事務所を設置。さらなる事業の継続的発展のために、今回、自社製造販売拠点となる新会社を設立することを決定した。

新会社は、今年11月に設立し、2014年初旬に年間生産能力約4万キロリットルでの商業生産開始を計画。ベトナム国内で、日系二輪車・四輪車メーカー向け純正油やENEOSブランド商品を販売する。

ENEOS サービスステーションイメージ