目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》

8月25日・26日の2日間、静岡県浜松市で開催されたイベント「バイクのふるさと浜松2012」において、地元のバイク愛好家が所有するメグロ、ライラック、ブリヂストンなど、昭和30年代まで存在した国内2輪メーカーのバイクが計10台展示された。

『メグロ スタミナ Z7』(1956)は、大型バイクを得意とした目黒製作所を代表するモデル。戦前から始まる500cc単気筒OHVエンジン搭載モデルの最終進化版で、陸王に代わって白バイにも採用された。

目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》 目黒製作所 メグロ スタミナ Z7(1956)《撮影 丹羽圭》