BMWグループ・ジャパン新社長にアラン・ハリス氏が就任

ビー・エム・ダブリューは29日、BMWグループ・ジャパン代表取締役社長にアラン・ハリス氏が2012年10月1日付で就任すると発表した。前任のローランド・クルーガー氏は退任、BMWグループ本社に帰任する。

アラン・ハリス氏は1987年、英国BMWのリージョナル・サービス・マネージャーを始め、BMWグループ内でキャリアを積み上げ、現職はBMW AG販売部門の東ヨーロッパ、アフリカ、カリブ地域担当マネージング・ダイレクター。

今回の就任にあたり、ハリス氏は「BMWグループにとり日本は非常に重要なマーケットであり、製品やサービスに対するお客様の満足度を高めるのにBMWグループ・ジャパンが大きく貢献してきた実績があります。お蔭さまで、BMWはプレミアム・インポートとして3年連続トップ・ブランドであり続けることができました。これからも、さらなる発展を目指し従業員、販売会社そしてパートナーの皆さまと共に努力して参る所存です」と語った。

2009年1月から3年余りBMWグループジャパンの社長を務めたローランド・クルーガー氏《撮影 土屋篤司》