日揮が手がける太陽熱コレクター(スペイン)

日揮は、大分市臨海工業地帯の日産自動車所有地で、メガソーラー事業を実施すると発表した。同社が国内で太陽光発電事業を行うのは初めて。

日揮は、日産自動車が大分県大分市の臨海工業地帯に所有する約35万平米の土地に、太陽光発電所を建設。発電容量は、一般家庭約9000戸分の年間消費量に相当する2万6500kWで、国内最大級。発電した電気は九州電力に売電する。

発電所の事業運営は、同社が100%出資する特別目的会社を通じて実施する予定で、2013年5月から操業を開始し、その後20年間にわたって運営を行う。総事業費は約80億円で、みずほコーポレート銀行、大分銀行、豊和銀行、福岡銀行とプロジェクトファイナンス契約を締結し、融資を受ける予定。同事業は、メガソーラー事業向けのプロジェクトファイナンス案件として、国内第1号となる。

日揮本社(参考画像)