メルセデスベンツ・GL63 AMG(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》

メルセデスベンツは、モスクワモーターショー12において『GL63 AMG』を世界初公開した。カンファレンスではAMGの幅広いラインアップと運転性能の高さをアピールした。

メルセデスベンツは2012年4月、ニューヨークモーターショー12で新型『GLクラス』を公開。5月31日に、この最高グレードとなるGL63 AMGの設定をアナウンスしていた。

GL63 AMGが搭載するエンジンは新開発。M157型直噴V型8気筒のガソリンエンジンで排気量は5461cc。

最大出力は557ps、最大トルクは77.5kgm/2000-5500rpm。0-100km/h加速は4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)と、あらゆる数字が引き上げられている。

スポーツサスペンションのAMGライドコントロール、AMGハイパフォーマンスブレーキも標準装備となる。

また同社は、AMGパフォーマンスセンターを2012年の世界270店舗から2017年には350店舗まで拡大することを明らかにした。

カンファレンスではこのほか、『Gクラス』とスマート『フォーツー』を紹介。プレミアムセグメントでの幅広いラインアップを強調した。

メルセデスベンツ・GL63 AMG(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスベンツ・GL63 AMG(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスベンツ・GL63 AMG(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 メルセデスブース(モスクワモーターショー12)《撮影 土屋篤司》