シボレー スパークの大幅改良モデル

GMのシボレー部門は8月27日、フランスで9月に開催されるパリモーターショー12において、『スパーク』の大幅改良モデルを初公開すると発表した。

スパークは、シボレーブランドのグローバルコンパクトカー。2009年春、ジュネーブモーターショー09で発表された。デビュー3年を経て、初の大幅改良が施される。

改良の大きな内容が、フェイスリフト。フロントグリル、バンパー、ヘッドライトカバー、フォグランプのデザインを変更し、新鮮さを醸し出す。アルミホイールも新デザイン。リア周りでは、LEDストップランプをルーフスポイラー組み込み式に変更し、後方視界を改善させた。

インテリアは、センターコンソールを改良し、収納性を向上。加飾パネルも見直し、クオリティを引き上げる。

搭載エンジンは、1.0リットルと1.2リットルのガソリン。最大出力は1.0リットルが68ps、1.2リットルが82psだ。どちらのエンジンも、欧州複合モード燃費20km/リットル、CO2排出量118g/kmという高い環境性能を実現している。

シボレー スパークの大幅改良モデル シボレー スパークの大幅改良モデル