ホンダ・N BOX《撮影 松下宏》

全国軽自動車協会連合会が発表した7月の軽四輪車中古車販売台数は、前年同月比18.8%増の23万6639台となり、10カ月連続プラスとなった。

エコカー補助金効果で軽自動車の新車販売が好調に推移しており、下取りとなる軽の中古車流通も増加しているため。

車種別では乗用車が同24.4%増の17万6035台と高い伸び率となった。貨物車は同5.1%増の6万0604台となった。貨物車の内訳は、バンが同6.0%増の3万2624台、トラックが同4.2%増の2万7980台だった。

ブランド別ではその他を除く全ブランドが前年を上回った。特に日産は同42.3%増の7506台と好調だった。

ダイハツ・タント(参考画像) スズキ・現行 ワゴンR(参考画像)