フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、2mm×2mm超小型パッケージの新しい高性能・低消費電力3軸加速度センサを発売した。

ピン互換性を備えたエクストリンシック「MMA8652FC」12ビット加速度センサと、「MMA8653FC」10ビット加速度センサは、低ノイズ性能と高精度モーション検知を実現、スマートフォンやタブレット、ポータブル・ナビゲーション・システムなど、消費電力やスペースに制約のあるモバイル・デバイスに適している。

新しい3軸加速度センサ・デバイスは、従来世代に比べてサイズを56%削減した。MMA8652FC/MMA8653FC MEMSベース加速度センサは、広範な用途に対応し、ジェスチャ検知、手ぶれ補正、タップ制御、盗難防止、転倒検知/自由落下検知など、多くの機能をサポートする。

MMA865xFC加速度センサは、同社のセンサ・ツールボックス開発ツールと組み合わせることで、シンプルで効率的な設計サイクルを実現でき、開発時間とコストの削減に貢献する。MMA865xFCファミリを活用したシステム設計により、方向検知などの標準的な機能に加え、電子コンパスや位置情報サービスなど、先進的なアプリケーションも容易に統合できる。

MMA865xFC組み込み加速度センサは、ホスト・プロセッサとの組み合わせにより、環境のコンテキストに応じたセンサ判断処理の決定を行い、スマートフォンからリモート制御など、多くの機器に高精度な動作を記録できる。

MMA865xFC加速度センサは、1mg/LSBの先進的な感度を実現し、1.5〜800サンプル/秒という幅広い範囲でユーザ設定が可能な6つのサンプル・レートを備える。MEMSトランスデューサを統合しているため、スペース効率も改善、オンチップFIFOメモリ・バッファにより、スマートなシステム電力管理を実現する。

ホスト・プロセッサとFIFOを組み合わせると、マイクロコントローラや出力データ・レートの選択に応じて、消費電流を96%以上削減することができる。

MMA865xFC 3軸加速度センサは、包括的な電力/性能オプションを揃えた電子コンパス補正ソフトウェアと互換性を備えており、浮動小数点/整数コードを通じて、アンドロイドやウィンドウズ8をはじめとするさまざまなOSをサポートする。

MMA8652FC 12ビット加速度センサ、MMA8653FC 10ビット加速度センサは、現在サンプル出荷中で2012年第4四半期から量産する予定。1万個購入時の1個あたりの参考価格は、MMA8652FC加速度センサが0.77ドル、MMA8653FC加速度センサが0.66ドル。