宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》

8月25日・26日の2日間、静岡県浜松市で開催されたイベント「バイクのふるさと浜松2012」において、地元のバイク愛好家が所有するメグロ、ライラック、ブリヂストンなど、昭和30年代まで存在した国内2輪メーカーのバイクが計10台展示された。

自転車で有名な宮田製作所は、戦前から戦後まで、アサヒなどのブランド名でオートバイも生産していた。この『アサヒ ゴールデンビーム FA2』(1954) は、250ccの単気筒モデル。

現車はアポロウインカー(矢羽式方向指示器)を装備している。同社は1962年にオートバイ生産から撤退した。

宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》 宮田製作所 アサヒ ゴールデンビーム FA2(1954) 《撮影 丹羽圭》