25日午前6時30分ごろ、福島県白河市内の東北自動車道下り線を走行中の乗用車が路外に逸脱。道路左側のガードロープに衝突し、さらに後続車に追突される事故が起きた。この事故で5人が重軽傷を負っている。

福島県警・高速隊によると、現場は白河市小田川仲田付近で片側2車線の直線区間。神奈川県川崎市内に在住する64歳の男性が運転する乗用車は第2車線へ進出し、前走するトラックを追い抜き、再び第1車線へ戻ろうとした際に路外へ逸脱。道路左側のガードロープに衝突し、反動で第1車線へ戻ったところ、直前に追い抜いたトラックが追突した。

この事故で乗用車は大破。後部座席に同乗していた25歳の女性が車外に投げ出され、左肩などを骨折する重傷。運転した男性を含む3人が打撲などの軽傷を負った。また、後続のトラックを運転していた栃木県上三川町内に在住する36歳の男性も打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察では追い抜きの際にハンドル操作を誤ったか、スリップしたことが事故につながったものとみて、運転者の回復を待って自動車運転過失傷害容疑で事情を聞く方針だ。