北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》

8月25日・26日の2日間、静岡県浜松市で開催されたイベント「バイクのふるさと浜松2012」において、地元のバイク愛好家が所有するメグロ、ライラック、ブリヂストンなど、昭和30年代まで存在した国内2輪メーカーのバイクが計10台展示された。

浜松で創業した北川自動車工業の『ライナーTW1』(1954)は、英国のサンビームを手本としたもので、250ccの直列2気筒エンジンを縦置きし、シャフトドライブを備える。

現車は20年前に欠品状態で入手されたもので、オリジナルとは異なる部分がある。同社は後にヤマハ車体と合併した。

北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》 北川自動車工業 ライナーTW1(1954)《撮影 丹羽圭》