ブースイメージ

横浜ゴムは、8月29日から9月9日までロシアのモスクワで開催される「モスクワ国際オートモービルサロン2012」に出展すると発表した。

今回、ハイパフォーマンスの「アドバン(ADVAN)」、環境の「ブルーアース(BluEarth)」、ウインターの「アイスガード(iceGUARD)」の3つの側面からロシアで「ヨコハマ」ブランドイメージの浸透を図る。

同社はロシアで開かれる多くのレースにアドバンタイヤを提供しており、認知度も高い。アドバン・ゾーンでは、サポートしているレース参戦マシンやチューニングカーを数多く展示し、ハイパフォーマンス性をアピールする。レーシングタイヤ「アドバンA005」をはじめ、多くのプレミアムカーに新車装着される「アドバン・スポーツV105」、SUVタイヤ「アドバンS.T.」などを展示する。

ブルーアース・ゾーンでは、ロシアで来年発売する予定の低燃費乗用車用タイヤ「ブルーアースAE-01」をロシアで初披露するほか、環境フラッグシップタイヤ「ブルーアース-1」、ブルーアースコンセプトの下に開発された「ジオランダー・SUV」など、ロシアで展開しているブルーアースファミリー全商品を展示する。

アイスガード・ゾーンではロシアで今冬発売予定の乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガード 5」を紹介、環境性能や冬路面での安全性を高めた新商品と技術力を訴求する。

更にロシアで販売しているその他のタイヤ商品やアルミホイールなども幅広く展示する。

同社によってロシア市場は世界有数の市場であり、外資系タイヤメーカーの中でシェアはトップクラスにある。2011年12月から日本のタイヤメーカー初となる乗用車用タイヤ工場を操業しており、販売網の拡充と合わせて商品供給力と販売力の両面を強化している。

ADVAN A006T(左)とADVAN A053