メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》

メルセデスベンツ日本は、『Cクラス』のラインナップの変更を行い、一部モデルを除きこれまでオプションだったAMGスポーツパッケージを標準装備化した。

「これまではAMGスポーツパッケージというオプションがありましたが、今回の改良で、エントリーグレード以外のほとんどのモデルにAMGスポーツパッケージが標準装備となりました」と話すのは、同社商品企画・マーケティング部製品広報課マネージャーの嶋田智美さん。「エントリーモデル(C180ブルーエフィシェンシー)はスリーポインテッドスターもマスコットタイプで、ホイールも16インチであるなどベーシックなスタイリング。そのパッケージオプションとしてAMGスポーツパッケージを提供しています」。そして、「C180アバンギャルド以上は、少なくとも外装はAMGスタイリングと呼ばれるフロントスポイラーやサイドスカート、リアスポイラーなどが装着されています」とする。

そこで今回は、“AMGスポーツパッケージプラス”というオプションパッケージが新たに追加された。「AMGトランクリッドスポイラーリップや、シートベルトが赤になるなど、より差別化を求めるユーザーに選んでもらいたいと設定しました。全世界的にスポーツパッケージプラスというオプションがあり、それをもとに若干日本でアレンジをして、新しいパッケージとしてオファーをしています」と述べる。

この赤いシートベルトについて嶋田さんは、「国によっては派手すぎるという評価があるようですが、日本では意外と面白がってもらえています。Cクラスで赤いシートベルトというのが、ちょっとしたギャップが感じられるのでしょう」とし、さらに、「シートなどにも赤いステッチが入っています。そのシートもノーマルとは違うシートで、GLKスポーツパッケージと同じシートです。SUVはよりハードな走行をされる方が多いので、サイドサポートが深くなっていたりします。今回それを移植したのです」とした。

メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田千鶴子》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田千鶴子》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田千鶴子》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田千鶴子》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・C180ブルーエフィシェンシーアバンギャルド《撮影 内田俊一》