テスラ・モデルS

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズが6月22日に米国での一般向け納車を開始した新型EV『モデルS』。それから2か月を経て、同車の累計生産台数が100台に到達したことが分かった。

これは8月21日、テスラモーターズが公式ブログで明らかにしたもの。米国カリフォルニア州のフリーモント工場で組み立てられるモデルSの累計生産台数が、100台に達したと公表されている。

100台のうち、予約していた顧客に引き渡されたモデルSは74台。テスラモーターズによると、残りの26台は、ディーラーの試乗車や展示車、開発テスト車やサービスチームの訓練車として使用されるという。

累計生産台数がようやく100台に届いたモデルSは、フリーモント工場で入念にクオリティを確認しながら、組み立てを実施。それでも1週間当たりの組み立て台数は、生産開始当初の3台から5台へ、そして10台へと徐々に拡大しており、同社は今後2‐3週間をメドに、モデルSの1週間当たりの生産台数を20台以上へ倍増させる計画だ。

テスラモーターズのギルバート・パシン生産担当取締役は、「モデルSを増産し、できるだけ早期に全米の顧客の元にお届けしたい」とコメントしている。

テスラ・モデルS