昇降・ピット式駐車場では、前面にゲートを設置するよう技術基準を改訂

立体駐車場工業会は23日、機械式立体駐車場の安全対策を強化するため技術基準を見直すと発表した。前面ゲートや人感センサーの設置など技術基準を改訂、現時点で認定申請中の案件に対しても、見直しの内容を適用するとしている。

機械式立体駐車場に関しては、利用者の子供が機械に挟まれて死亡する事故が、4月2日に大阪府茨木市で、7月23日には岩手県花巻市で発生している。今回事故が発生した「昇降・ピット式」と「エレベータ方式」の機械式立体駐車場の安全強化対策として技術基準が改定された。

昇降・ピット式の機械式立体駐車場に関しては、前面(乗り込み面)には、前面ゲートを設けるように技術基準を改訂する。改訂に併せチェーン設置の基準は廃止。また、基準の見直しに際し既設の駐車場についても、同様の措置を駐車場管理者等に要請、仮に前面ゲートの設置が困難な場合は、侵入検知センサーの設置を要請するとしている。

エレベータ方式駐車場内に関しても、安全性向上のため人感センサーの設置を必須とするように技術基準を改訂する。基準の見直しに際し、既設の駐車場についても、同様の措置を駐車場管理者等に要請するとしている。

これまで、昇降・ピット式の機械式立体駐車場に関しては、人の侵入防止を目的としたチェーン等を設けることとしていたが、チェーンを掛けないで放置される場合があり、また、子供がすり抜けられる状況にあった。エレベータ方式の機械式立体駐車場に関しても、操作前の無人確認が必ずしも徹底されていない等の状況があったという。

安全対策の発表とあわせ、消費者庁、国土交通省、立体駐車場工業会は、改めて、機械式立体駐車場での事故に注意するよう呼びかけている。

エレベーター方式の駐車場は、人感センサーを設置するよう技術基準を改訂する