8月21日午後4時25分ごろ、群馬県太田市内の国道354号で、信号待ちの車列に対して後ろから進行してきた大型ダンプトラックが突っ込み、車両4台が関係する多重衝突に発展した。この事故で4人が重軽傷を負っている。

群馬県警・太田署によると、現場は太田市末広町付近で片側1車線の直線区間。信号待ちのために停車していた車列に対し、後ろから進行してきた大型ダンプトラックが追突。車列後方の軽乗用車2台とトラック1台が巻き込まれ、車両4台が絡む多重衝突に発展した。

この事故で最後部で停止していた軽乗用車を運転していた千代田町内に在住する19歳の女性が打撲などの軽傷。その前方に停車していた軽乗用車を運転していた太田市内に在住する29歳の女性が骨折などの重傷、同乗の7歳男児が軽傷。さらに前方に止まっていたトラックの運転者にはケガはなかったが、追突側トラックを運転していた同市内に在住する40歳の男性は軽傷を負っている。

警察は追突側トラックの前方不注視が事故の主因とみて、運転していた男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。