8月21日午後0時30分ごろ、静岡県河津町内の国道414号を走行していた乗用車と軽乗用車が正面衝突する事故が起きた。この事故で双方の10人が重軽傷。軽乗用車は定員を超えた6人が乗車しており、事故との関連を調べている。

静岡県警・下田署によると、現場は河津町梨本付近で片側1車線の緩やかなカーブ。富士宮市内に在住する35歳の男性が運転する乗用車と、神奈川県相模原市内に在住する19歳の男性が運転する軽乗用車、いずれかのクルマが対向車線側へ逸脱し、正面衝突に至ったとみられる。

双方のクルマは中破。軽乗用車側の同乗者2人が骨折などの重傷、運転者を含む4人が打撲などの軽傷。乗用車側は同乗者1人が骨折などの重傷を負い、同乗していた子供2人と運転者が打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

事故を起こした軽乗用車の定員は4人だが、事故当時は18-19歳の男性6人が乗車していた。警察では定員外乗車が事故につながった可能性も考えられるとして、事故発生の経緯を詳しく調べている。