【リコール】三菱 i-MiEV 走行不能に至るおそれ…ヒューズのはんだ付け不良

三菱自動車工業は23日、電気自動車「i-MiEV」の駆動用バッテリーシステムに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2009年7月4日〜同年12月7日に製作された810台。

駆動用バッテリー内部のヒューズにハンダ付け不適切があるため、ヒューズが切れて駆動用モーターが停止し、走行不能に至るおそれがある。

全車両、ヒューズ一式を対策品に交換する。

不具合発生件数は6件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

i-MiEV駆動用バッテリー 三菱 i-MiEV 三菱 i-MIEV