8月21日午前9時40分ごろ、高知県いの町内の民家敷地内で、隣接する町道に向けてバックで進行していた軽乗用車が、車両後方にいた81歳の女性に衝突。転倒した女性をひきずる事故が起きた。女性は収容先の病院で死亡している。

高知県警・いの署によると、現場はいの町枝川付近の民家敷地内。84歳の男性が運転する軽乗用車は隣接する町道へ向けてバックで進行していたが、車両後方に立っていた81歳の女性に衝突。女性を底部に挟み込んだまま、約10mに渡って走行した。

女性は全身を強打。高知市内の病院へ収容されたが、約1時間後に死亡した。警察は運転していた男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

死亡した女性は荷物を積み込もうとしていたとみられるが、調べに対して男性は「後ろにいることに気がつかなかった」などと供述しているようだ。警察は後方確認を怠り、漫然と発進させたことが事故につながったものとみている。