わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!

トヨタ自動車は、クルマの楽しみを技術者や子どもたちに認識してもらうためのイベント『わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!』を開催すると発表した。

イベントは同社の社内有志の団体であるトヨタ技術会、豊田市、ものづくりフェスタ実行委員会の共催で9月23日にトヨタスポーツセンター(愛知県豊田市保見町)で実施する。

わくわくワールドは、トヨタ技術会による秋の恒例行事「TESフェスティバル2012」と、豊田市、とよたものづくりフェスタ実行委員会による「とよたものづくりフェスタ2012」で構成するもので今回で9回目となる。一般来場者も無料で参加できる。

TESフェスティバルでは「集え3万人!クルマ好きに大変身!」をスローガンとし、さまざまな企画を実施。「もしもトヨタが本気で“キッズカー"を開発したら?」をテーマとしたアイデアコンテスト、クルマをテーマとしたダンスを披露する「ダンスコンテスト」などを行う。また今回は、「キッズワークス」として、来場した子どもたちにクルマの部品組み付けやデザイン体験など、モノづくりについて楽しく学べる場を提供する。

とよたものづくりフェスタでは、「子どもたちが自ら考えて工夫や発見ができるブース」を方針とし、ものづくりや科学体験ができる「たいけんブース」、からくり人形やサッカーロボットの実演が見られる「目玉企画」、親子で協力して工作と競技に挑戦する「親子参加型競技」など、簡単な工作から少し難しいものづくりまで、体験型の企画を多く用意している。

わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!