マツダロードスターの英国GT選手権参戦車両、MX-5 GT4

マツダのオープンスポーツカー、『ロードスター』(海外名:『MX-5』)。英国では、最大出力を320psへ引き上げた同車の軽量なレーシングカーが発売された。

これは8月18日、マツダUKと現地のイオタスポーツが発表したもの。2013年シーズンの英国GT選手権に参戦する『MX-5 GT4』の販売開始が、アナウンスされている。

マツダUKとイオタスポーツは、2011年シーズンの英国耐久レース選手権に『MX-5 GT』を投入。今回発表されたMX-5 GT4は、そのパワーアップバージョンだ。

ターボチャージャーで過給されるMZR型2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力を従来の275psから320psへパワーアップ。45psのパワー向上を成し遂げた。トランスミッションはパドルシフトの6速シーケンシャル。

徹底した軽量化が施されるのも、MX-5 GT4の特徴。ドアはカーボンファイバー、窓ガラスはポリカーボネート製に変更された。内装材や快適装備も省かれ、強固なロールケージを装着。これらの軽量化の結果、車重は1000kgに抑えられる。

MX-5 GT4は8月18日から、英国のモータースポーツ関係者に向けて販売開始。現地価格は、12万5000ポンド(約1560万円)と公表されている。英国GT選手権では、アストンマーチンやロータスカーズがライバルだ。