8月21日午前1時10分ごろ、埼玉県北本市内の県道で、交差点を右折しようとしていたトラックと、対向車線を直進してきた2人乗りバイクが衝突する事故が起きた。この事故でバイク側の2人が死傷。警察はトラックを運転していた40歳の男を現行犯逮捕している。

埼玉県警・鴻巣署によると、現場は北本市本宿付近で片側1車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。トラックは青信号に従って交差点を右折しようとしていたが、対向車線を直進してきた2人乗りバイクと衝突した。

衝突によってバイクは転倒。運転していた桶川市内に在住する21歳の男性は近くの病院へ収容されたが、顔面や頭部を強打したことが原因でまもなく死亡。後部に同乗していた21歳の女性も顔面骨折などの重傷を負っている。警察はトラックを運転していた毛呂山町内に在住する40歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを進めている。

調べに対して男は「バイクの存在にはまったく気がつかなかった。見た記憶がない」などと供述しており、警察ではトラック側の前方不注視とバイクの速度超過進行が事故につながった可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。