アウディTTのロボットカー

未来の自動車のひとつの形として、開発が進められているロボットカー。アウディ『TT』をベースにしたロボットカーが、米国で193km/hの最高速を計測したことが分かった。

これは、スタンフォード大学の研究チームが発表したもの。同大学はアウディTTのスポーツグレード、「TTS」をベースにしたロボットカーで研究開発に取り組んでいる。その成果を確認する目的で、テストコースにおいて最高速計測に挑んだのだ。

もともと同車は、アウディの属するフォルクスワーゲングループと米スタンフォード大学が共同開発した1台。両者は未来のモビリティを研究する 「VWオートモーティブイノベーションラボ」(VAIL)を設立し、人工知能を備えた100%コンピューター制御の完全自律走行車の開発を行ってきた。

すでにVAILは、フォルクスワーゲン『トゥアレグ』や『パサート』をベースにしたロボットカーを開発。その最新作がアウディTTのロボットカーだ。アウディTTSは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」を搭載。最大出力272ps、 最大トルク35.7kgmを発生する。

このアウディTTのロボットカー、愛称「シェリー」が、カリフォルニア州サクラメント郊外のサンダーヒルレースウェイをテスト走行。ストレートでは193km/hの最高速を計測。さらに全長約4.8kmのコースを、2分30秒以内で周回したという。