BMW 320d BluePerformance

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『3シリーズ セダン』のラインアップに、直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した『320d BluePerformance』を追加し、8月22日より注文の受付を開始する。納車は、2012年9月からの予定。

新型車は、NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒などメンテナンスフリーの最先端排出ガス処理技術「BMW BluePerformanceテクノロジー」を採用。ディーゼル車に対する世界最高水準の排出ガス基準である日本のポスト新長期規制に適合している。

搭載される2.0リッター直列4気筒BMWツインパワーターボディーゼルエンジンの最高出力は184ps、最大トルクは6気筒ガソリンエンジンに匹敵する38.7kgmを発揮し、力強い走りを可能にしている。

一方、高効率エンジンに加え、オートスタート/ストップ機能など環境対応技術も数多く採用し、クリーンディーゼルモデルとして国内トップとなる19.4km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現している。

今回の新型車導入で、BMW 3シリーズは、高い環境性能を誇る高効率ガソリン、ハイブリッド、クリーン・ディーゼルの3つのパワートレインを提供。ユーザーの多様なニーズに対応する。

価格は、ガソリンエンジン搭載モデルから20万円アップの470万円から。

BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance BMW 320d BluePerformance