トヨタ TS030 ハイブリッド

トヨタレーシングは、英シルバーストーンで8月26日に開催されるWEC(世界耐久選手権)第4戦 6時間レースに『TS030ハイブリッド』で参戦する。

TS030ハイブリッドは、6月に行われたル・マン24時間耐久レースに、レーシングハイブリッドシステム(THS−R)を搭載しデビュー。アクシデントに見舞われ戦列を去ったものの、一時はレースをリードするなど大きな注目を集めた。

シルバーストーンでは、1台での出場となるが、ドライバーにはアレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴の3人に決定。ル・マンでのアクシデントから順調に回復したアンソニー・デビッドソンもチームをサポートする。

アレックス・ブルツとニコラス・ラピエールは、8月14日、15日の両日、スペインのモーターランド・アラゴンで2日にわたるテストを実施。WEC第4戦へ向けて改良空力パッケージの確認を行った。空力パッケージは、チームの拠点となるTMG(ケルン)において、最新のシミュレーション技術と風洞を駆使して開発されたもので、ル・マン24時間レース仕様と比べ、よりダウンフォースを強化し、5.891kmのシルバーストーンに照準を合わせたものとなっている。

WEC第4戦シルバーストーンは、現地時間8月26日正午、6時間耐久レースのスタートが切られる。

トヨタ TS030 ハイブリッド