トヨタ 86 スーパー耐久に参戦…インテRやS2000などがライバル

GAZOO Racingは21日、8月25・26日に岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ第4戦から、トムススピリットと共にトヨタ『86』で参戦すると発表した。

参戦車両は“GAZOO Racing 86”、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや全日本ラリー選手権の参戦車両と同じカラーリングを施した。

スーパー耐久シリーズは、車両の改造がほとんど許されていないのが特徴となるレース。エンジン排気量や駆動方式によって6つのクラスに分かれており、参戦車両の86は、ST-4クラス(1501〜2000ccクラス)からの参戦となる。同クラスには、ホンダの『インテグラ タイプR』や『S2000』、『シビック タイプR』などが参戦しており、86がこれらのライバルとどう渡り合うかも興味深いところだ。

チーム名は「GAZOO Racing SPIRIT」で、ドライバーはニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦ドライバーの影山正彦選手、佐藤久実選手、井口卓人選手に加え、トヨタヤングドライバーズプログラム出身の蒲生尚弥選手がステアリングを握る。

同チームでは、第4戦に引き続き、10月20・21日の第5戦(三重:鈴鹿サーキット)、11月10・11日の最終戦(大分:オートポリス)にも参戦する予定。