ソコル宇宙服を着用する星出宇宙飛行士

TOKYO FMで放送中の10代向け番組「SCHOOL OF LOCK!」では、8月23日より、星出彰彦宇宙飛行士を講師に迎え、「特別授業」を行うと発表した。

SCHOOL OF LOCK!では、パーソナリティを「先生」、リスナーを「生徒」と呼び、「若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!」をコンセプトに毎週番組を放送している。

今回、同番組の先生として、7月15日に宇宙へ飛び出し、ISSに長期滞在中の星出宇宙飛行士が就任。10代のリスナーへ「特別授業」を行うことが決定した。星出先生は帰還する11月12日までの間、毎週番組に登場する予定。

授業内容は、リスナーからの宇宙に関する疑問から、悩みごと、将来の夢についてなど、さまざまな質問に星出先生が答える形で展開。さらに、宇宙から紹介して欲しい曲のリクエストも募集する。

番組へは既に「宇宙から見る星は綺麗?」「宇宙飛行士になったきっかけは?」といった質問が届いており、これらのメールはJAXAを通して遥か400キロ上空のISSにいる星出先生へ届けられる。星出先生はその質問への回答を自らISS内で収録。そして、宇宙のスケール感をそのままにTOKYO FMが「星出LOCKS!」として全国のリスナーへ、授業を届けていく。

31Sクルー(左からウィリアムズ、マレンチェンコ、星出宇宙飛行士)