トヨタ 充電スタンド G-Station

トヨタ自動車は、愛知県の2自治体・10企業と共同で、2012年11月から2013年3月まで、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などの電気利用車両用普通充電器の普及に関する実証実験を愛知県内で行う。

今回の実証実験は、PHVとEVの双方に利用でき、事業者にとって設置コストの負担が少ない普通充電器を対象に実施。トヨタメディアサービス製の普通充電器「G-Station」をベースに、新たにコイン投入方式の普通充電器を開発・製作。有料充電器として提供することで、課金の可能性と料金の妥当性を検証する。

また、愛知県内の商業施設・公共施設などの集客施設や時間貸し駐車場など、約20か所に普通充電器を新たに設置。利用状況を分析し、設置場所や運用方法を検証するほか、G-StationのWi-Fi情報通信機能を活用して、営業時間やイベントなど充電器設置施設に関する情報や愛知県の災害関連情報などを提供し、その有用性を検証する。

なお、今回の実証実験に参加するのは、蒲郡市、豊田市、イオンモール、蒲郡海洋開発、豊田スタジアム、豊田通商、豊田まちづくり、トヨタメディアサービス、パーク24、名鉄インプレス、名鉄協商、ユニーの2自治体・10企業。

トヨタ 充電スタンド G-Station トヨタ 充電スタンド G-Station G-station G-station G-station 能登地方のG-station 能登地方のG-station