A123システムズ社の米国ミシガン州の電池工場(参考画像)

米国の大手リチウムイオン電池メーカー、A123システムズ。同社の中国企業による買収契約が、正式に締結された。

これは8月16日、A123システムズが発表したもの。同社の発表によると、中国の万向集団が、A123システムズの株式の過半数を、4億6500万ドル(約370億円)で取得。最終的に万向集団は、A123システムズの株式を80%まで買い進める計画だ。

万向集団は、中国最大規模の自動車部品メーカー。非政府系企業としても、中国で最大規模を誇る。万向集団はA123システムズを傘下に収めることで、グローバル規模でのEVやプラグインハイブリッド車、ハイブリッド車などの販売拡大に対応した競争力を高める。

一方、A123システムズは、BMWやGM、フィスカーオートモーティブなどにハイブリッド車やPHV用の二次電池として、リチウムイオンバッテリーを納入。BMWの『アクティブハイブリッド5』、GMのシボレー『ボルト』、フィスカー『カルマ』のリチウムイオンバッテリーは、A123システムズ製だ。

A123システムズは、万向集団からの出資を受け入れることで、赤字体質からの脱却を目指す方針。同社のデビッド・ビューCEOは、「これで当社の財務基盤は強化される。今後も我々の技術が、成長激しい市場で競争力を保つだろう」とコメントしている。

A123システムズ製のハイブリッド車用リチウムイオンバッテリー(参考画像)