トヨタ・オーリス《撮影 内田千鶴子》

トヨタ自動車から2代目となる新型『オーリス』が発売された。初代に引き続き“直感性能”を継承したモデルである。

「初代オーリスは、“直感性能”をテーマに、見た瞬間に感じられる格好良さや、乗り込んだ瞬間に感じられる個性と走りの予感が、走り出した瞬間に“確信”に変わるという、これまでのコンパクトカーの概念を超えるクルマを目指し、2006年に発売しました」とは同社製品企画本部チーフエンジニアの藤田博也氏の弁。

「国内市場においては、ミニバン、コンパクト2BOX、軽自動車、ハイブリッドカーなどが主流となる中で、デザインや走行性能などクルマが本来持つ魅力に焦点をあて、格好良くて走りのいい一台を作り、自動車市場に一石を投じたいという強い想いがありました」と語る。

また、「ヨーロッパのCセグメントハッチバック市場(オーリスが属する市場)は、200万台という大変大きな市場で、オーリスではこの市場でひしめく強力なライバルたちを超えるという使命もあります」。

これらを踏まえ今回のモデルチェンジでは、「この“直感性能”をオーリス独自のDNAとして継承するとともに、スポーツハッチバックという明快な方向性のもと、パッケージ、内外装のデザイン、走行性能を高い次元で融合させることを目指しました」という。具体的には、「わくわくするスポーティなデザイン。欧州車をしのぐ走り。この2つを追求し、スポーツハッチバックの新しい価値を提案したいと思います」とした。

トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・オーリス《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・オーリス《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・オーリス《撮影 内田千鶴子》