ジープ・アルティテュード・シリーズ

フィアット・クライスラー・ジャパンは、黒を基調とした外観のジープの限定車「ジープ・アルティテュード・シリーズ」を、8月25日から全国のクライスラー・ジープ販売店で発売すると発表した。

今回の限定車は、黒を基調とした限定車のシリーズで、ジープ・パトリオット、ジープ・ラングラー、ジープ・グランドチェロキーのジープ主力3モデルで展開する。

パトリオットは、スポーツ(4×4)をベース車両としたもので、グロスブラックのホイールや上級グレードのリミテッドに装着されているシルバールーフレールを装着した。価格は280万円と、300万円を大幅に下回る価格設定にした。

ラングラーは、アンリミテッド・サハラをベースに、ブラックとレッドのコントラストカラーをテーマとした。外装にはグロスブラックカラーの18インチアルミホイールやブラックカラーのフューエルフィラードアを、ボンネットにはブラック・トーン・オン・トーン・デカールを装着。フロント中央に装着しているバッジもブラックにするなど、細部にわたってブラックを意識した。

内装は、レッドステッチ入りのブラックレザーシートやステアリングホイール、エアコンの噴出し口にはピアノブラックを施した。

価格はベースのレザーパッケージと同等の413万円とした。

グランド・チェロキーは、エントリーグレードのラレドをベースにしながら、上位グレードのリミテッドで人気の高いクォドラリフトエアサスペンションを標準設定する。ホイールはグロスブラックカラー仕上げの20インチサイズで、ブラックのヘッドランプベゼルやブラックカラーのラジエーターグリルを採用した。

また、リミテッドやオーバーランドに標準設定のHDDナビゲーションシステムやETCを装着し、価格は445万円とした。