ダニ・ペドロサ(ホンダ)

8月19日、インディアナポリスで行われたMotoGP世界選手権シリーズ第11戦は、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が独走で今季2勝目を飾った。

今季3度目のポールポジションから好スタートを切って、オープニングラップ2番手につけたペドロサは、3周目に前を走るベン・スピーズ(ヤマハ)をかわし首位に立つと、それから後続をジリジリと引き離し、28周のレースの折り返し点では2番手を走る、現在ポイントランキングトップのホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に約4秒のリード。ペドロサは、ロレンソとの差を約11秒まで広げ、独走で優勝を飾った。

ペドロサは、第8戦ドイツGPに続く2勝目。2位でフィニッシュした総合首位のロレンソとの差を18点に縮めた。

ダニ・ペドロサ(ホンダ)