トヨタ オーリス

東京での発表会に出席した国内販売担当の加藤光久副社長は、トヨタブランドの新デザインとして『オーリス』に採用された「キーンルック」について、「『もっといいクルマ』づくりには、デザインの改善が欠かせない」と述べた。

加藤副社長は、新デザイン導入の背景として「世界市場での競争が激化するなかで、ひと目でトヨタ車とわかるアイデンティティが必要。いくら環境性能や走行性能が良くても個性がなければ埋没してしまう」と指摘した。

デザインの強化においては「丸く収まるのでなく、(社内の評価で)賛否両論があっていいい。なければおかしい」とし、個性を打ち出すためにはデザイナーが思い切った仕事ができる環境づくりに務めていると説明した。

発表会見でデザイン本部の池田亮第1デザイン室長は、「このクルマからトヨタの顔を変えていきたい。キーンルックは、今後グローバルに展開するクルマに順次、採用していく」との方針を示した。

トヨタ オーリス トヨタ オーリス トヨタ オーリス トヨタ オーリス トヨタ オーリス