ボルボ S60

ボルボカーズは、『S60』がIIHS(米国高速道路安全保険協会)の新スモール・オフセット前面衝突テストで最高評価を獲得したと発表した。

新テストは、成人男性のダミーにシートベルトを装着させて運転席に座らせ、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて、頑丈な固定バリアに時速40マイル(64km)で衝突させるもの。新テストは、車両の前面が他の車両や立木、電柱といった障害物と衝突した時の状況を再現するように設定されている。

同社シニアセーフティーアドバイザーのトーマス・ブロバーグ氏は「我々の目的は日常の道路で起こるほぼ全ての衝突事故において、乗員全てを守る車を作ること。このテストでフロントの一部分のみが衝突に巻き込まれたときでも、設計通りに安全システムが機能することが実証された」と語った。

ボルボ S60 米IIHS(道路保険安全協会)が実施した2006年モデルのホンダシビック(ノンハイブリッド車)の衝突テスト(参考画像)