米国フィスカーオートモーティブのプラグインハイブリッド4ドアスポーツカー、カルマ

米国のフィスカーオートモーティブが発売しているプラグインハイブリッド(PHV)4ドアスポーツカー、『カルマ』。同車が米国で、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは8月18日、フィスカーオートモーティブが発表したもの。8月10日、カリフォルニア州で駐車中のカルマから火が出て、車両が全焼。これを受けてのリコールだ。

同社によると、車両火災を起こしたカルマを調査した結果、クーリングファンに不具合があるという結論に達した。このため、オーバーヒート状態となり、車両火災に至ったという。

リコールの対象となるのは、約2400台。カルマに関しては2011年12月、バッテリー(二次電池)の不具合によるリコールを実施しており、今回のリコールはこれに続くものとなる。

フィスカー・カルマ